関連リスト(0)
【編集】
婚外子の遺産相続は嫡出子と 同等にすべきか? 【編集】
2013/9/4に最高裁判所で民法900条は日本国憲法第14条に違反するとの判決が出た。
(判決全文)http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/20130904154932.pdf
これをどう考えるか?


日本国憲法第14条1項
すべて国民は、法の下に平等であつて、人種、信条、性別、社会的身分又は門地により、政治的、経済的又は社会的関係において、差別されない。



民法900条4号ただし書き
 同順位の相続人が数人あるときは、その相続分は、次の各号の定めるところによる。
 四  子、直系尊属又は兄弟姉妹が数人あるときは、各自の相続分は、相等しいものとする。ただし、嫡出でない子の相続分は、嫡出である子の相続分の二分の一とし、父母の一方のみを同じくする兄弟姉妹の相続分は、父母の双方を同じくする兄弟姉妹の相続分の二分の一とする。

更新日時:2013/10/30

1. 改正すべき派 【編集】  10pts. 根拠の追加

  W:1383115884  2013/10/30 0
10
日本国憲法98条により、憲法は、国の最高法規であつて、その条規に反する法律、命令、詔勅及び国務に関するその他の行為の全部又は一部は、その効力を有しないと定められている。

日本国憲法第81条によって定められた最高裁判所の違憲法令審査権によって違憲とされた以上、民法900条4号ただし書きの効力は失われており、改正が必要である。


2. 改正すべきでない派 【編集】  0pts. 根拠の追加

3. 直ちに改正すべきではない派 【編集】  0pts. 根拠の追加



選択肢の追加
preload
コメント
関連ツイート
作成日時:2013/10/30  更新日時:2013/10/30

preload